リセットダイエット

リセットダイエットの効果と注意点について分かりやすく説明

リセットダイエットのレシピと効果について

リセットダイエットについて調べました。リセットダイエットとは、1週間食事制限をすることにより、減量しながら体の中から、太りにくい身体を作るように「リセット」する事です。食品や調味料も制限し味覚を正常に戻すといった内容のダイエット方法です。短期間でダイエトを成功させることができると言われています。1週間の食事制限によって、1kg~5kg、平均2~3kg減量できるそうです。

リセットダイエットを忠実に実行すれば、ほとんどの人の体重が減ると思います。 でも、健康な人でも体調を崩してしまうかもしれません。一週間の短期間ですが、専門家のなかにはビタミン・ミネラル不足からくる頭痛・めまい、ビタミンEの不足からくる口内炎、さらに倦怠感や貧血、体脂肪の増加、などで体調を崩す可能性があるといわれる方もいます。

低炭水化物ダイエットの場合は、炭水化物を制限するかわりに、脂質やタンパク質でエネルギーを補いますが、リセットダイエットでは脂質も同時に制限されていますので、エネルギー不足になるそうです。ほかにも低血糖、カルシウム不足、ビタミン・ミネラル不足に注意が必要だといわれています。

リセットダイエットはリバウンドに注意

ダイエットを行う場合は、「どんな方法でも体重が減れば良い」という考え方が多いようです。リセットダイエットの場合、一週間だけ我慢すれば痩せられるという思いから、厳しい食制限にも耐えられる人も多いと思います。しかしリセットダイエットの最大の特徴は、リバウンドする人が多いことだといわれています。リバウンドの詳細はこちらです。

例えば一週間が経過した時点で3、4kgのダイエットに成功しても、食事を戻せばすぐに体重が戻ってしまう方が多いのだそうです。一週間という短い期間では、その食事に身体が慣れず、減らした体重にも身体が適応していないので、絶食や断食などで減らした体重が、すぐに戻ってしまうのと同じみたいです。そうなると、苦労した甲斐がまったくありませんね。

リセットダイエットでは、リバウンドしてはダイエットと何度も繰り返してしまう方も多く、体重のヨーヨー現象が気になります。体重のヨーヨー現象は、確実に痩せにくい身体が出来上がるといわれています。それを防ぐためには、食事内容をいっぺんに戻さずに、少しの期間は夜だけ代替食を行うなどして、減った体重を維持する必要があります。つまり、一週間では終わらないのですね。

リセットダイエットのように、炭水化物を一切摂らないダイエットは、身体への負担も大きくなります。炭水化物を制限するダイエットは、体重は確実に減りますが、これを維持することが課題です。少しでも身体に異変を感じたら、すぐに中止したほうがいいですし、栄養の偏りをサプリメントで補うべきだと思います。痩せたとしても、ゲッソリとして肌もカサカサでは、やつれているようにしか見えませんよね。どうしても短期間でダイエットしたい方には、私はこれをおすすめします。

リセットダイエットのレシピ

リセットダイエットのレシピをご紹介します。

朝食
グレープフルーツ1/2個+ドリンク

  • 但しドリンクはノンカロリーのもの。ミネラルウォーターがベスト

昼食
肉または魚+野菜

  • 野菜は食べる量の制限なし。調理法は油を使わず焼く・蒸す・ゆでる・煮るようにする。お昼をしっかり食べる
  • ゆで卵2個+野菜または1?pくらいのカットフルーツ+プレーンヨーグルトを週のうち1回だけ食べてもOK

夕食
肉または魚と野菜

  • 野菜は食べる量の制限なし。調理法は油を使わずに焼く・蒸す・ゆでる・煮るようにする。お昼より軽めに食べる
  • ただし夜は9時前に食べなければならない

注意点

  • 肉と魚、魚と貝など二種類以上のたんぱく質を摂らないようにする
  • 調味料は、塩・コショウ・しょうゆ・ポン酢・レモン・酢を基本とし、マヨネーズ  やドレッシング類はダメ

NG食材

  • 炭水化物・糖質(ごはん・パン・砂糖など)
  • 脂身が多い魚や肉(鶏皮、うなぎ、トロ、ブリ、鮭のハラスなど)
  • イモ・カボチャ類、トウモロコシ、アボガド、豆類(納豆や豆腐)
  • ソーセージやハムなどの加工食品や練り製品、牛乳、チーズ、ナッツ類、お酒