ダイエットの種類と方法

炭水化物ダイエットの効果と問題点について詳しく説明

炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとは、炭水化物を控えタンパク質や脂肪をとる食事法で、お肉好きな人には一見うれしいダイエットにみえますね。でもこれを単に「ごはんを食べないこと」と思い込んでいる人にはデメリットがあそうですよ。

このダイエット法は、元来、ロバート.C.アトキンス博士が考案した糖尿病食をアレンジしたものですが、いまでは、違ったものがいろいろ広がっているそうです。

低炭水化物ダイエットの考え方は、脂肪として蓄積されやすい糖質を摂らないために、炭水化物を主体とするごはんや小麦粉、砂糖を控えるというものです。

炭水化物ダイエットの問題点

私もそうですが、日本では炭水化物と言えば、真っ先にごはんを思い浮かべる人が多いと思います。

それで低炭水化物ダイエットは、ごはんさえ抜けば大丈夫だと安易に考えている人が多いと思いますが、そこが大きな問題みたいです。

実は、それだけでは低炭水化物ダイエットにはならなくて、大切なのは糖質をカットして脂質や高タンパク質中心の食生活にし、脂質の分解に必要な栄養を多く摂取することなのです。

間違った炭水化物ダイエットによる悪影響

炭水化物からできる糖質は、脳や筋肉のエネルギー源として重要な働きがあります。脳・中枢神経系・血球などは、ブドウ糖以外からエネルギーを得る事はできず、常にブドウ糖を消費する為、ブドウ糖が不足すると脳の働きも衰えてしまいます。

また、人間の体は、糖質が不足すると肝臓のグリコーゲンを分解してそれを補いますが、グリコーゲンが底をつくと、今度は筋肉の蛋白質を分解してブドウ糖に変えて、それを補うことになります。

つまり、肝臓での糖つくりが繰り返されることで、肝臓に大きな負担がかかり、ついには筋肉量も減少してしまうのです。

さらに、糖質が不足するとエネルギー源として脂質の利用されるので、肝臓に脂肪酸を処理する負担もかかり、その結果、脂肪酸からケトン体が多く合成されて血液が酸性になってきます。

以上のようなことから、低炭水化物ダイエットには現在、医師や栄養士の方から批判や疑問が投げかけられているようです。

間違えたやり方では逆効果に

確かに炭水化物が分解されてできる糖質は、摂りすぎると脂肪として貯えられ 肥満の原因になります。しかし、ごはんは、食物繊維も含む複合糖質なので、急激に血糖値を上げるものではなく、ゆっくりと吸収されて脂肪として蓄積しにくい糖質なのです。

低炭水化物ダイエットは、糖尿病患者など、それを必要としている人にとっては役立つ食事療法ですが、ダイエットのために行う場合は、間違ったやり方をしていても効果はないようです。 それどころか最悪の場合、健康を損なうことになってしまいます。

日本人が代々食べ続けて来た日本食には、健康に役立つ成分や先祖代々の知恵が沢山つまっています。ですから適切な量の普通の食事を心がけることが、まずは大切なことだと思います。

発芽米について

健全な食生活を維持するために、ここで今話題の発芽米の情報をお知らせします。

日本では、近年お米離れが進んでいますが、お米はじわじわと薪のように燃える理想的なエネルギー源なのです。そのなかでも、特に発芽米には、体が本来必要とするビタミン、ミネラルが豊富で食物繊維も多く含まれています。発芽米は炊いた後の味や食感も白米と変わりませんし、玄米のように特別な炊き方をする必要もありません。

さらに、ここでご紹介するファンケルの発芽米には、話題の成分「ギャバ」(GABA)が白米の約10倍、玄米と比べても約3倍も含まれています。このギャバ(GABA)とは、正式名称を「ガンマ?アミノ酪酸」といい、アミノ酸の一種ですが、その効果は実に幅広いのです。

このギャバの主な効果を挙げると、

  • 血圧を下げる
  • 中性脂肪を抑える
  • 肝臓・腎臓のはたらきを高める
  • 神経を鎮める

さらに最近は、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善にも期待できると話題を集めている栄養分なのです。

ちなみにダイエットでは無理。とお考えのあなた。最終手段があります。それは医療機関での施術。痩身効果のある治療や脂肪吸引などは医療機関が一番安心ですよ。脂肪吸引で痩身を本気で考えるなら医療機関で